ちょこっと屋根リフォームメニュー表
雨漏り補修・修理
瓦止めコーキング
瓦差し替え工事
施工事例集
太陽光発電施工事例
外壁施工事例集を表示
アパートマンション施工事例
増改築施工事例
トイレ施工事例
キッチン施工事例を表示
浴室施工事例を表示
オール電化
トイレ施工事例を表示
窓施工事例
内装施工事例
エクステリア施工事例
現場レポート
リフォームについて
おすすめ商品
How to リフォームを表示
テーマ別リフォーム
住居形態別リフォーム
ハヤックの塗り替え隊(塗装専門)
リフォーム後のお客さまの声
一期一会(住宅リフォームコラム)
社員ブログ
Fun to Share
H様邸 増築工事現場レポート
H邸現場レポート1
≪和室部分≫


【解体・補強工事】
和室の二間続きをリビングに改修する事にしました。
内装
   
改修前内装 お客様のお宅は鉄骨の建物に、木部で和室が増築されておりました。
内部解体後、木造部分の小屋裏の丸太梁が、鉄骨H鋼の上にのせてあるだけで、固定されていないことが分かりました。
このままだと地震時に外れて、屋根落下の可能性がある為、鉄骨H鋼と丸太梁を固定用のプレートとボルトで外れないように固し補強しました。
   
屋根下地材も梁と同様にH鋼に固定されていなかった為、固定用プレートとボルトで外れないように固定し補強しました。 母屋材
   
鉄骨ブレス リビングの東面に引違い窓を取り付ける予定でしたが、図面にはない場所に鉄骨のブレス(筋交い)
がありビックリ!
このブレス(筋交い)は取ることが出来ないものであったため、お施主様にご説明して窓の大きさ位置を変更していただきました。

H邸現場レポート2

≪和室部分≫

【床下工事】
解体後、防蟻処理を行います。

その後、床下からの湿気の上がりを防止する為に床下に防湿シートを敷きこみ束石を配置します。

束石
 
床組み 床造作
束石に束をたて、大引・根太と言われる角材で、床組みを行い、断熱材を敷き込み床全体に合板を張ります。合板を全体に張ることで剛性を高めました。

H邸現場レポート 3            


【壁造作】

壁に構造用合板を張り、地震に対しての耐震補強を行いました。

その後、下地材材(角材)を取付け、プラスターボード(石膏ボード)で壁の下地を造作し、ビニールクロスで仕上げました。

壁造作
   
リビング 下地 完成 リビング
完成です!
広いリビングになりました。
東面に窓を新設したことにより風の通りが良くなりました。
H様邸 増築工事現場レポート

H邸現場レポート1  

≪倉庫部分≫           


【改修前】

物置として使用していた倉庫を洋室に改修する事にしました。

   

   


   
改修前内装 倉庫の中には、たくさんの荷物がありましたが、片付けてみると以外と広い部屋となることがわかりました。
   
  改修前 倉庫

H邸現場レポート2               


【室内造作】
天井・壁の下地を組みます。 

元々倉庫だった為、建物が断熱されていいませんでした。

そこで、天井・壁に断熱材のグラスウール(厚100)を入れ快適な居室に改修します。

   
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体 既設の窓が、シングルのアルミ窓であった為、夏は冷房の利きがよ く、冬は結露防止や断熱効率が高い二重サッシ(トステム・インプラス)を取付ました。
又、新しく取り付けたサッシはペアガラスにし、断熱効果を上げました。

H邸現場レポート 3            


【完成】

床にフロアーを貼り、天井と壁は、プラスターボードをはり、ビニールクロスで仕上げました。

部屋には、クローゼットを取付け、内部に棚とハンガーパイプを取付け、洋服と物入の両方が使用できるようにし ました。




改修後 洋室クローゼット
F 様邸 増築工事現場レポート

F邸現場レポート1               H21/7/7


【地盤調査】

増築工事の準備として、まず地盤調査を行います。一般的に行われる『スウェーデン式・サウディング試験』を実 施しました。


   

F邸現場レポート2               H21/7/29


【通路造作・スキ取・整地】
敷地の奥に増築をする為、まず重機が通れるスロープ通路を造作しました。
次に、不要となる倉庫、樹木等を撤去し、更に余分な土をスキ取りました。
この工事で出た土や廃材の搬出は、人力で行われた為、大変な作業でした。

   
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体

F邸現場レポート 3            H21/7/30・31


【地盤改良】

地盤調査の結果に基づき、深さ1mの表層改良を行いました。

パワーショベルで掘り出した土にも改良材を混ぜます。




基礎の形状に合わせ、全体にならします。

   
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体  転圧機を使い改良した地盤をかためます。

 
改良部分の全景です。
見た目にはよくわかりませんが、2・3日で「カチカチ」に固まります。



   

F邸現場レポート 4           H21/8/17〜19


【型枠組・配金】

型枠を組んで鉄筋を配金します。


   
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体  コンクリートを流し込み基礎面を仕上げていきます。
通常はポンプ車にて行いますが、今回は敷地奥で通路が狭い為、手作業にて行われ大変でした。
職人さん、本当にご苦労様です。




 
ベタ基礎の仕上がりです。











F邸現場レポート 5          H21/8/20・21


【基礎部の完成】

立ち上がり部分の型枠を組みます。


   
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体  土台を止めるアンカーボルトを必要な個所に配置します。



 
型 枠を外して基礎の完成です

F邸現場レポート 6          H21/9/1


【上棟】

前日に3方を足場で囲います。

当日、まず最初に基礎の上に土台を載せて

ボルトで止めます。



   
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体  基礎内の通気は基礎パッキンを用いて換気しま
す。
(昔のような、基礎に開口はありません)



 
6 坪の増築ですが、大工さん3人がかりで行い
ます。

施工画像

一日で屋根の下地まで造ります。

F邸現場レポート 7          H21/9/5


【屋上防水】

6帖が2間の増築ですが南側の部屋の階上は屋上ベランダにします。

FRP防水という方法で防水します。

まず、繊維室のシートを敷き込み、その上からローラーで防水層の液体を塗っていきます。

乾くと「カチカチ」のしっかりした防水となります。

岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体


   仕上げに 「グレー色」の保護用トップコートを塗って出来がりです。

F邸現場レポート 8         H21/9/7


【板金工事】

防水ベランダでない方の部屋の屋上は、傾斜の少なくていい板金屋根を葺きました。





岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体


 

F邸現場レポート 9       H21/9/10〜9/15


【外装工事】

外壁に防水紙を張り、サイディングを張る下地の木(胴縁)をうちます。

通気がとれる様、所々隙間を開けます。




岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体


 

その後サイディング材張っていきます。今回は縦張りのサイディング材を使い、保護の塗装は母屋に合せ後で行い ます。


岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体


 

サイディングのつぎ目やサッシ廻りのスキ間にシーリングを施します。






岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体


 
F邸現場レポート 10      H21/9/10〜9/20

【内部造作】

壁にはグラスウールを入れ窓の上には、カーテンレール用の下地を追加してあります。


エアコンの取り付け部には、12o厚のベニヤを使い、取り付け出来る様にしておきます。


岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体


 

壁や天井にはプラスターボード(石膏こう板)
を用います。

内部がしあがると壁紙を貼ります。






 
M様邸 現場レポート

M邸現場レポート1


現在は誰も住まれていない住宅を、娘さん夫婦に住まわせたいとのことで水廻りの改修を依頼されました。

UBに変更して快適にお風呂に入りたい!

お客様が最も気にされていた部分です。


   
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体  よく見られる和風便器です。
「シャワ−トイレ付の便器を」とのことで、
換気扇を取付、内装を明るくして雰囲気を変える様にご提案しました。

   

小さな手洗いのみがついている洗面脱衣室。

写真右側が浴室、左側がトイレUBの広さは1116は欲しいとのことで、脱衣所の広さは極端に広くは出来ませ んが間仕切り壁を最小限の厚みにすることで気持ち広く出来ます。とお話ししました。

M 邸現場レポート2

元々、追い炊き配管が無かったので、1F駐車場天井から配管を通しました。

床のタイルは残しました。

鉄骨2階建てで、デッキプレ−トが入っています。



   
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体 写真手 前開口部は片引戸です。
わかりにくいですが、脱衣場床はコンパネ二重張りで
片引戸の敷居と段差を少なくしています。
   

タイル張りに比べると随分明るくなったと思います。

枠材なども白として清潔感を感じる様にしました。

M 邸現場レポート3


TOTOリモデルバスルーム1116以前と比較すると一目瞭然。
浴槽も広くなりました。
追い炊き配管を通した事で、
湯張りもリモコンのボタン一つで楽々になりました。


後、以前は換気扇も無く窓換気のみですが
換気扇を含んだ施工としました。

   
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体  INAX:アメージュVです。
間口は殆ど変わりません。
床は脱衣所からのバリアフ リ−にした為、
気になった段差も解消しました。

洗面化粧台:オフトw500
問題点は、引違い窓にミラ−キャビがかかってしまう事でした。


「無いよりは良いので…」と言って頂きました。

今回の問題点は事前にお客様にはお伝えしました。
わかること、推測される点等は必ずお伝えします。
些細な事ですが、お客様が納得して頂ける工事の一歩と
我々は考えております。
 
H 様邸 現場レポート

H邸現場レポート1


創り付け食器棚は、圧迫感があり、木目を基調としているので薄暗い感じがして気に入っていないとの事でしたので、明るく広々としたキッチン改修を提案しま した。


 
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体

H邸現場レポート2


実は建てられたメ−カ−さんは、キッチンや食器棚

を先に取り付け、キッチンの下はフロ−リングを張っていなかったので、キッチン部分だけ床を変えることにしま した。

食器棚も撤去して広々としたスペ−スが出来ました。


 
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体

H邸現場レポート3


キッチン本体は白、壁のキッチンパネルは薄いピンクを貼りました。

LDKの床はフロ−リングだったのですが、キッチン部分だけフロア−タイルを貼りました。

料理の腕をふるわれる奥様の笑顔は、仕上がり同様により一層明るくなりました。


 
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体
M 様邸 キッチンの修繕

M邸現場レポート1-1


築34年のキッチン修繕ですが、床がぬけそうなので壁も解体して下地から作り直しました。
下地は12m/mの針葉樹でここから仕上はフローリング張となります。
壁はプラスターボード張っています。

岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート下地は12m/mの針葉樹
 
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁も解体 岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート壁はプラスターボード

M邸現場レポート1-2


キッチン組込の様子です。
まず、キッチンパネルを貼り、シロッコファンを[???]は
そしてキッチン本体の組立に入ります。
M様邸は吊戸が殆んどないので今日はしていませんがほぼ夕方ぐらいに組込は終了です。

岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート2シロッコファン
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート2キッチン本体の組立
岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート2シロッコファン

M邸現場レポート1-3


窓枠部分にもキッチンパネルを貼りました。
L型キッチンの裏に薄い壁を作った上に笠木をのせて料理を置けるようにしました。
対面カウンターです。

岡崎市にあるリフォーム会社ハヤックの現場レポート2窓枠部分にもキッチンパネルを貼る
 
対面カウンターです。 裏に薄い壁を作った上に笠木をのせて料理を置ける